着物を売る時に用意しておきたいもの

着物を売る時は購入時の付属品も含める

着物を売る際、単体で売るのではなく、購入時の付属品もセットで売ると良いです。これによって着物に価値が生まれ、より高く売る事ができます。
着物は小物もセットで着る必要があるため、単体では必要度が低くなってしまいます。これでは買取ったお店も、お客に売ることは難しいと判断してしまい、安く買取ろうとします。購入時は高くても、かなり安くなってしまって損をするので、付属品などで着物の必要性を上げ、価値を上げましょう。また、購入時の箱または袋もセットにすると良いです。これは、お店の人やお客の配慮となり、価値がさらに上がります。お店側は売りやすくなり、お客は購入した時に価値を感じやすくなります。これによって着物は高く売れるので、必ず付属品を含めるようにしましょう。

手入れ道具をおまけにしておく

着物とその付属品をセットに売ることで価値が上がり、高く売る事ができますが、より高く売る方法があります。それは、着物の手入れ道具もセットにして売ることです。
普通、着物は着るだけの物として取り扱われますが、そこにおまけとして手入れ道具が付いていれば、お店側は嬉しい特典となります。お客は目当ての着物を購入できるだけでなく、手入れすることも可能となります。必要なものを一度に手に入れることができるセットとなるため、より高く売れるようになります。注意として、手入れ道具を含める際、それらがまだ使えることを確認しましょう。古くなり、ボロボロになっていれば価値は下がってしまうため、必要ないと判断される恐れがあります。だから、売る前にチェックし、可能であれば修繕しておくと良いです。