着物買い取りで気を付けておくべきポイント

依頼する業者を見分けよう!

着物は、普段なかなか着ることのないものですよね。着物の価値がよくわからない方も多いと思います。そのため、着物の価値に対しての知識を知らないことを逆手にとって、安く買い取ろうとする業者もいるわけです。せっかくの着物ですから、できるだけ高く買い取ってもらいたいですよね。そのためには、不当な査定をするような業者を避けることです。
数万円の価値があるような着物を数百円で買い取られるという事例もありますので、そんなことにならないためには実績のある業者を選ぶことが大切になってきます。また、高価買取の実績があるところも信用しやすいでしょう。着物の価値に対しての知識があるか、これが鍵になってくるというわけです。着物の需要は過去と比べて年々高くなってきているので、そういうところに依頼すると思ったより高く売れることもあるのです。
逆にリサイクルショップや、古着屋は避ける方が妥当です。実際に、知識がない場合が多いからです。必然的に買取価値が低くなってしまいます。このようなことに気をつければ、安く買い叩かれるというショックを防げるでしょう。

着物買取価格の相場っていくらくらい?

着なくなった着物は、どれくらいで買い取ってもらえるのでしょうか。実物を見なければわからないのが事実ですが、およその目安は高級なもので数千円から数万円、小紋など普段着の着物は数百円から数千円と言われています。しかしそれが人気の品か、また保存状態などによって価値は異なってきます。やはり、着物買取に対しての知識がないリサイクルショップで0円と判断された場合も、きちんとした着物を買い取ってくれる場所で査定してもらうと数千円の価値があったということもあるので、きちんとした店に依頼しましょう。
また、着物を高く買い取ってもらうには、着物の状態が良いか、防虫剤で対策したり、湿気でカビが生えていないなどの保管状態がしっかりしているか、最低155センチのだけがあるか、畳紙に綺麗に入れられていてシワがないことがポイントが高いです。