着物買い取りの基本的な流れを知っておこう

着物は専門の買取業者に依頼しましょう

成人式や結婚式など人生の節目に着る機会が多い着物は、思い入れがある方も多いのではないでしょうか?せっかくの着物も、今では袖を通すこともなくタンスに眠ったままになっていませんか?中古の着物は買取ってもらうことが出来ます。思い出として保管しておくのも良いですが、まだ着ることのできる着物は必要としている人に着てもらいましょう。
着物を買取ってもらうならば少しでも高く売却したいものです。着物は一般のリサイクルショップなどでも扱っているところがありますが、着物の価値をわかっていないと二束三文になってしまいます。着物は素材や格式によって査定価格が違ってきます。着物の知識を持った専門の買取業者に依頼することが重要です。

少しでも高く買い取ってもらうには?

着物は状態の良い物が査定のポイントが高くなります。未使用のものでも素材によっては生地が経年劣化している場合もあります。査定を依頼する前に「シミや汚れがないか?」「色あせやほつれがないか?」など着物をチェックしておきましょう。
帯やバッグなどの和装小物を取り扱う業者もあります。着物に合わせた羽織や帯などもまとめて売却したい時は事前に問い合わせてみましょう。
査定の方法は店舗への持ち込み、出張、宅配などの方法があります。店舗や出張での査定であれば目の前で査定をしてもらえます。出張は範囲が限定されている場合があるので確認してから依頼しましょう。宅配であれば店舗が近隣になくても査定を依頼することが出来て便利です。
いずれの場合も取り扱う内容などを業者のホームページ等で詳細を確認して、事前に問い合わせてから依頼することをおすすめします。